ブログ

BMW M2 コンペティション プロテクションフィルム「ステルス」でマットブラックに!

皆さんこんにちは!

プロテクションフィルム(PPF)施工専門店のウエラ名古屋です。

 

今日は、ボディ全体へのフルPPF施工でご入庫いただいた、

BMW  M2  コンペティションをご紹介します!

今回オーナー様よりご依頼いただいたのは、

「マット化」できるプロテクションフィルムを、

ボディ全体に貼って欲しいというオーダー。

 

「え!?そんなアイテムがあるの!?」と思われたかもしれません。

 

実は、そんな画期的なアイテムがあるんです!

その名も、プロテクションフィルム「ステルス」

 

表面の質感が艶消し(※正確には半艶仕様)になっている特殊フィルムです。

 

この「ステルス」は、元々マット塗装になっているお車に、

質感やイメージを崩すことなくプロテクションフィルム施工できるよう開発されたアイテム。

これをグロス塗装のお車に貼ることで、「マット化」することができるんです。

 

今回は、M2のブラックボディ全体を「ステルス」によって“完全マットブラック化”する、

というオーダーでしたので、その変化がとても楽しみな施工となりました。

 

さっそく作業に取り掛かりました。

ご覧の通り、マット系の質感を持つ「ステルス」フィルム。

これをボディに貼り付けることで、ボディの質感がガラリと変化します。

ご覧のように、マット塗装にかなり近いボディの質感になります。

その上で、PPFとして飛び石や生活傷防止の役目も果たしてくれますので、

巷で人気が急上昇しているフィルムです。

 

では、艶々のブラックボディだったBMW M2 コンペティションは、

プロテクションフィルム「ステルス」によって、

果たしてどんな感じに「マットブラック化」したのか!?!?

↓↓

↓↓

↓↓

どうぞ、完成写真をご覧ください!

いかがでしょうか。

元々のボディでは、周りの景色が反射して映り込んだりしますが、

「ステルス」フィルムでマット化されたボディでは、それらが映り込まなくなりましたね。

そして、それによってフォルムがさらに強調され、お車の存在感を強く感じます。

 

ちなみに、PPFデータのないドルフィンアンテナとドアノブ部分には、

マットブラック系のラッピングフィルムを施工しています。

 

屋外だと、さらにそのマット感がさらに強調され、迫力のある雰囲気を醸し出しますね。

 

オーナー様には、大変お喜びいただき、大満足でのお引き取りとなりました。

 

BMW  M2  コンペティション オーナー様、

この度は、数ある施工店の中から当店をお選びいただきまして、誠にありがとうございました!

 

————————-

ペイントプロテクションフィルム(PPF)については、下記URLからご覧ください。

http://wellafilm.com/info/ppf/

————————-

ラッピングフィルムについては、下記URLからご覧ください。

http://wellafilm.com/wrapping.html

————————-

失敗しないプロ施工店の選び方については、下記URLからご覧ください。

http://wellafilm.com/choose.html

一覧へ戻る



  • LINE@ 友達追加

各種クレジットカードがご利用いただけます。

分割手数料が無料!キャンペーン実施中 詳しくはこちら

ウエラ名古屋はレーシングドライバー山﨑武司を応援しています!