ブログ

ベンツCLSのフロントガラスにオーロラフィルム【ゴーストⅡ(GHOST2)】を施工しました!

皆さんこんにちは。

カーフィルム施工専門店のウエラ名古屋です。

 

今日は、メルセデスベンツCLSにお乗りのオーナー様から、

オーロラフィルム「ゴーストⅡ」のご依頼をいただきましたので、その様子をご紹介します。

 

まずは、施工前のフロントガラスの透過率を再度測定します。

その値はというと…。

「76%」。比較的透過率の高いフロントガラスです。

 

【注意事項 その1】

当店では、オーロラフィルム施工のご予約をいただく時点で、お車の透過率測定を前もって実施しております。そしてこのタイミングで、施工後の透過率が70%未満になることが確実な場合、施工をお断りしております。70%以上が確保できることが確実な場合にのみ、ご予約を確定し施工いたしておりますのでご了承ください。

それで、遠方から当店でのオーロラフィルム施工をご検討くださるお客様には、お手数ですがディーラー様などでの事前の透過率測定をお勧めまたはお願いしております。

【注意事項 その2】

同じ車種であっても、グレードや年式によって、ガラスの組成や構造が異なっている場合があります。そのため、たとえ同じお車であっても施工前のガラスの透過率が異なり、施工できないと判断するケースもございます。

また、近年の純正フロントガラスには様々なコーティングが塗布されています。そのため、車種によってはフィルム施工に伴ってそのコーティングが剥がれ、フロントガラスが白濁化する恐れがあります。現在、当店でこの症状が出る可能性があると把握している車種に関しては、施工をお断りしています。

何卒ご了承ください。

 

これにオーロラフィルム「ゴーストⅡ」を貼っていきます。

まずは、内装を守るために養生を行います。

 

次に、ガラス内側の清掃を行い、フィルムがしっかりと定着するように平滑にします。

 

そして、貼り付けていきます。

 

「ゴーストⅡ」特有の、紫の発色がはっきりと分かりますね。

 

施工完了です。

 

さて、ベンツCLSでの「ゴーストⅡ」の見え方は、屋外でどんな感じになるのでしょうか。

それがこちら!

 

施工を行ったこの日は、小雨の降る天候で灰色の雲が一様に広がっていました。

こういった天候では、半透明の青緑~紫色に強く発色します。

 

では、施工後の透過率はどうか?

ちゃんと法定基準を満たしているのでしょうか?

「71%」。法定基準70%を問題なくクリアです!安心して運転いただけます。

 

 

ベンツCLS オーナー様

この度は、数ある施工店の中から当店をお選びくださり、

誠にありがとうございました。

 

————————-

オーロラフィルムについては、下記URLからご覧ください。

http://wellafilm.com/info/uvwf/

————————-

ラッピングフィルムについては、下記URLからご覧ください。

http://wellafilm.com/wrapping.html

————————-

ペイントプロテクションフィルム(PPF)については、下記URLからご覧ください。

http://wellafilm.com/info/ppf/

————————-

失敗しないプロ施工店の選び方については、下記URLからご覧ください。

http://wellafilm.com/choose.html

一覧へ戻る



  • LINE@ 友達追加

各種クレジットカードがご利用いただけます。

分割手数料が無料!キャンペーン実施中 詳しくはこちら

ウエラ名古屋はレーシングドライバー山﨑武司を応援しています!