ブログ

プロテクションフィルム「XPEL ステルス」で、Audi TTをマット化!サテンブラックのような滑らかな質感。

皆さんこんにちは!

プロテクションフィルム専門店のウエラ名古屋です。

 

今回は、ボディ全体へのフルプロテクションフィルム施工でご入庫した、

ブラックボディの「アウディ  TT」をご紹介します。

今回、オーナー様からオーダーいただいたのは、

「プロテクションフィルムでボディ全体をマット化したい!」というもの。

 

グロスブラックのTTを、マットブラックへと大変身させていきます。

 

マット化できるプロテクションフィルム「XPEL ステルス」

そもそも「マット化できるプロテクションフィルムって?」という方も多いと思いますので、

今一度「XPEL ステルス」についてご説明します。

 

プロテクションフィルム「XPEL ステルス」とは、

もともとマット塗装のお車向けに開発されたプロテクションフィルムです。

 

プロテクションフィルムはこれまで高光沢仕上げのアイテムだったため、

マット塗装に施工すると、艶が出るようになってしまうというデメリットがありました。

 

そこで、高光沢仕上げではなく、マット(艶消し)仕上げの質感を表現する、

マット塗装専用のプロテクションフィルム「ステルス」が開発されました。

 

そして、これをグロス系塗装に応用することにより、

グロス塗装をサテンの質感にマット化することが可能になったのです。

 

下の写真は、「ステルス」を施工した箇所とそうでない箇所とでの比較写真です。

いかがでしょうか。

何も施工していない箇所では、周囲の風景がボディに映り込んでいますが、

「ステルス」を施工した箇所ではその映り込みがほぼなくなっているのが分かります。

 

そしてその結果、ボディそのものが強調されて、

存在感がより増した印象になっているのではないでしょうか。

 

このように、プロテクションフィルム「XPEL ステルス」を施工することで、

お車をマットな新しいフォルムへと大きく変貌させることができるのです。

 

アウディTT 「XPEL ステルス」施工風景

プロテクションフィルム(PPF)施工では、

基本的に車種別に設計されているプレカットデータを使用して施工します。

これにより、フリーカットによるラインのブレや、

カッターによるボディへの損傷が発生することなく、

安全かつきれいな仕上がりを実現できます。

「XPEL ステルス」には、自己修復機能が組み込まれています。

フィルム表面にコーティングされたクリアコート層により、

洗車した時に出来てしまった傷や軽いひっかき傷などの軽微な傷であれば、

60度の熱で自己修復していきます。

「ステルス」フィルム施工の場合、パーツの角の部分や、給油口などのくり抜かれた部分では、

クリアランスの関係上、下地のグロス塗装がどうしても少し見えてしまいます。

しかしこれも、かなり近づくとそのことがわかる程度であり、

少し離れた位置で見れば、ほとんど分かりません。

 

アウディTTのマットブラック化 完成!

いかがでしょうか!?

マット化することで、かなりイカツいイメージに大変身しました!

 

もう一度、施工前後を比較してみると…。

【施工前】

【施工後】

【施工前】

 

【施工後】

同じ車とは思えないほどの変化を生み出し、全く新しいアウディTTが誕生します。

周囲とは異なる圧倒的な存在感を醸し出すこと間違いなし!ですね。

 

マット化したいけど、再塗装するのには抵抗があるオーナー様。

マット化したいけど、マット塗装のメンテナンスの難しさで一歩を踏み出せないオーナー様。

 

マット化できて、ボディも保護できる「XPEL ステルス」で、

貴方の愛車を大変貌させてみませんか!?

 

————————-

ペイントプロテクションフィルム(PPF)については、下記URLからご覧ください。

http://wellafilm.com/info/ppf/

————————-

失敗しないプロ施工店の選び方については、下記URLからご覧ください。

http://wellafilm.com/choose.html

一覧へ戻る



  • LINE@ 友達追加

各種クレジットカードがご利用いただけます。

分割手数料が無料!キャンペーン実施中 詳しくはこちら

ウエラ名古屋はレーシングドライバー山﨑武司を応援しています!