ブログ

ベンツ Gクラス[G350d] プロテクションフィルム「ステルス」で、マット化とボディ保護を一挙両得!

皆さんこんにちは!

プロテクションフィルム専門店のウエラ名古屋です。

 

今回は、ボディ全体へのフルプロテクションフィルム施工でご入庫いただいた、

ベンツ 「Gクラス(G350d)」をご紹介します。

 

今回のオーダーは、ボディ全体を「XPEL ステルス」でマットブラック化。

最近、プロテクションフィルム「ステルス」によるマット化のご依頼・ご注文を、

数多くいただいております。

やはり、マットカラーへの注目が高まってきていますね。

 

ベンツ Gクラスでは、純正でマット塗装が選択できるグレードもありますが、

プロテクションフィルムによるマット化では、果たしてどんな仕上がりになるのか、

今回も楽しみな施工となりました。

 

元のカラーをそのまま利用してマット化できるのが「ステルス」の強み。

プロテクションフィルム「XPEL ステルス」は、半艶消しの半透明フィルムです。

もともとは、マット塗装のお車に施工することを目的とし、

その質感や風合いを壊すことなくボディ保護できるよう開発されたフィルムです。

それをグロス塗装に応用することで、マット化が可能になったというわけです。

「XPEL ステルス」により、艶のあるグロス塗装を、

落ち着いた高級感とフォルムを強調させた存在感のある、

マットボディへと変貌させることができます。

今回は、フロントガラスの部分にも、飛び石防止フィルムを施工しました。

こちらは透明ですが、ボディ用PPFと同じく150μの厚みがあります。

Gクラスは、飛び石の影響を受けやすいデザインをしていますので、

フロントバンパーなどと同じくフロントガラスにも施すことで、

飛び石による被害を防止または軽減できます。

 

「メルセデスベンツ   Gクラス」マットブラック化施工 完成!

【施工前】

【施工後】

【施工前】

【施工後】

【フォトギャラリー】

ここまでこのブログをご覧くださっている方は、

このGクラスがプロテクションフィルムによってマット化したと知っていますが、

この下の写真だけを初めて見た方だと、純正のマットブラックと見分けが付かないと思います。

自然光が当たると、落ち着きと高級感のある雰囲気が出ていますね。

 

今回は、グロス塗装  →  マットブラックですので、

素地の艶がなるべく見えないように、出来る限り際の際まで「ステルス」を貼り付けます。

フィルムとフィルムのつなぎ目・切込みの部分も、クリアランスを最小限に抑えます。

こうすることで、純正マットカラーと何ら遜色のない仕上がり、マット化が実現します。

お客様に納車する前に、屋外でも撮影してみました。

どこからどう見ても、”マットブラック”のベンツGクラスです。

 

ベンツ   Gクラス オーナー様。

 

この度は当店にてプロテクションフィルムをご施工下さり、

誠にありがとうございました!

 

————————-

ペイントプロテクションフィルム(PPF)については、下記URLからご覧ください。

https://wellafilm.com/info/ppf/

————————-

失敗しないプロ施工店の選び方については、下記URLからご覧ください。

https://wellafilm.com/choose.html

一覧へ戻る



  • LINE@ 友達追加

各種クレジットカードがご利用いただけます。

分割手数料が無料!キャンペーン実施中 詳しくはこちら

ウエラ名古屋はレーシングドライバー山﨑武司を応援しています!