ブログ

フェラーリ 488スパイダー フロント周りを中心にプロテクションフィルムを施工。

皆さんこんにちは!

プロテクションフィルム専門店のウエラ名古屋です。

 

今日は、先日プロテクションフィルムの施工でご入庫いただいた、

「フェラーリ 488スパイダー」をご紹介します。

 

今回は、フロント周り+サイドスカート+サイドインテークへのPPF施工

今回オーナー様よりご注文いただいたのは、

いわゆる「フロントセット」と呼ばれるFバンパーやボンネットなどの部分と、

フロントガラス(フロントガラス専用保護フィルム)、

Aピラーを含むフロントガラスを取り囲む部分、

サイドスカート(こちらはカーボン調プロテクションフィルム)、

そして、サイドインテークの部分です。

すべて、飛び石からのボディ保護を目的とし、

かつアクセントとしてのカーボン調フィルムの施工という形となりました。

 

フェラーリ 488スパイダー プロテクションフィルム施工の様子

フェラーリは、流体力学を取り入れた独創的なデザインを誇るスーパーカーです。

その分3次曲面が強いため、施工難易度も格段に上がりますが、

プレカットデータと、多くの車に施工してきた経験と技術で貼付けていきます。

プロテクションフィルムは、150μ~200μの厚みを持つフィルムです。

丁寧に水抜きを行い、しっかりとボディに定着するよう仕上げていきます。

最近は、ボディだけでなく、

フロントガラスへの保護フィルムの施工も、多く注文いただいております。

車高が低く飛び石被害を受けやすいスーパーカーには、おススメのアイテムです。

こちらも150μほどの厚みがあります。

そしてクリアな視界により、施工後も運転の視認性をしっかりと確保できます。

 

フェラーリ 488スパイダー プロテクションフィルム完成!

今回使用したプロテクションフィルムは、高光沢仕上げのフィルムです。

これにより、さらに艶・光沢感が増した仕上がりとなります。

フロントガラスは、水抜きさせる関係上2~3ミリ程度はクリアランスが生まれますが、

なるべく際の際まで保護フィルムが来るように施工しています。

(※ただし、ガラス形状によっては、施工上さらにすき間が出来る場合もあります。)

車内からの見え方にも違和感はありません。クリアな視界が広がります。

端部の様子もいくつか撮影してみました。

フィルムの巻き込み処理も行いつつ、

基本的に頂点の部分以外はすべて貼り込まれる形になります。

これにより、同一パーツ内での経年に伴う色味の差を防ぐことができます。

これも、車種別に設計されたプレカットデータと、

それを適切に貼り込む職人の手によって実現します。

サイドスカートの部分は、カーボンパーツへと生まれ変わりました。

かなり近づいて見ないと、

本物のカーボンと見分けが付かないレベルのリアルさを表現できます。

5年間の実用耐久期間を誇るプロテクションフィルム。

長期間に渡って美しいスーパーカーをしっかりと保護します。

 

見た目を変えずにボディを飛び石や汚れなどから保護したいオーナー様、

アクセントカーボンによりスタイリッシュでスポーティな印象を足したいオーナー様。

 

プロテクションフィルムのことなら、ウエラ名古屋におまかせください。

 

フェラーリ 488スパイダー オーナー様、

この度はプロテクションフィルムの施工をご依頼くださり、

誠にありがとうございました。

 

————————-

ペイントプロテクションフィルム(PPF)については、下記URLからご覧ください。

https://wellafilm.com/info/ppf/

————————-

失敗しないプロ施工店の選び方については、下記URLからご覧ください。

https://wellafilm.com/choose.html

————————-

ボディコーティングについては、下記URLからご覧ください。

ガラスコーティング名古屋.com

一覧へ戻る



  • LINE@ 友達追加

各種クレジットカードがご利用いただけます。

分割手数料が無料!キャンペーン実施中 詳しくはこちら

ウエラ名古屋はレーシングドライバー山﨑武司を応援しています!