ブログ

AMG G63 マットブラウンのルーフ面を「サテンブラック」にカラーチェンジ!マットとサテンの違いとは!?

皆さんこんにちは!

カーラッピング専門店のウエラ名古屋です。

 

今日は、ルーフ面へのアクセントラッピングでご入庫いただいた、

「AMG  G63」についてご紹介します。

今回お客様よりオーダーいただいたのは、

マットブラウンボディのルーフ面だけマットブラック調にしたいとのこと。

 

そして、オーナー様とのお話合いのもと決まったラッピングカラーが、

3Mラッピングフィルムの「サテンブラック」

「あれ?マット調にしたいなら、普通マットブラックなのでは?」と思われたかもしれません。

 

実は「サテンブラック」も、どちらかというとマット系に近い質感のフィルムなのです。

 

じゃあ「サテンブラック」と「マットブラック」との違いは何なのか?ということですが、

簡潔に説明すると、サテンブラックの方がグロス値(艶)が若干高いということです。

 

グロス感(艶)が少し強いことでより黒々と見え

マットブラックに比べて上品さや高級感がより醸し出されるようになっています。

 

加えて、マットブラックに比べてメンテナンス性が良いというのも利点の一つですね。

 

さっそく施工に入ります。

こちらは施工前の状態のルーフです。

ここに先ほどの「サテンブラック」を施工していきます。

ベンツGクラスのルーフは思った以上にサイズが大きく、かつ端部の曲面もかなりきついため、

目立たない形で2分割で施工していきます。

強度や剛性を高めるためのプレスラインが複数本入っており凸凹していますので、

丁寧に空気を抜きながら施工していきます。

これも貼付け面積が大きくなればなるほど施工難易度が上がります。

 

施工後の様子がこちらです。↓↓

ピラー部分のブラックパーツとの調和が取れていて、とても良い感じに収まりました。

また、グロス(艶あり)フィルムほどの艶感はなく落ち着いた感じですので、

マットブラウンとの相性も良く、浮いた感じはありません。

分割した部分の処理もばっちりですね。これなら目立つことなく違和感もありません。

 

施工前と施工後の違いをご覧ください!

【施工前】

【施工後】

今回は、ルーフ面をサテンブラックに変えたというアクセントラッピングでしたが、

少し上から車全体を見てみると、かなり引き締まった印象に変化したのではないでしょうか。

 

このように手軽に自分の希望カラーにチェンジできるのが、ラッピングフィルムの醍醐味です。

皆さんもラッピングフィルムで愛車を遊んでみませんか!?

 

————————-

ラッピングフィルムについては、下記URLからご覧ください。

https://wellafilm.com/wrapping.html

————————-

ペイントプロテクションフィルム(PPF)については、下記URLからご覧ください。

https://wellafilm.com/info/ppf/

————————-

失敗しないプロ施工店の選び方については、下記URLからご覧ください。

https://wellafilm.com/choose.html

一覧へ戻る



  • LINE@ 友達追加

各種クレジットカードがご利用いただけます。

分割手数料が無料!キャンペーン実施中 詳しくはこちら

ウエラ名古屋はレーシングドライバー山﨑武司を応援しています!