ブログ

TRDエアロ一式カーボンラッピング クラウンRS 依頼は山﨑武司さん

11月にコーティングでお預かりしていた山﨑武司さんの

クラウンRS。

 

ダイヤモンド9hによるセラミックコーティングに加えて、

本革シート専用コーティング「クリアガード」、

アルミホイールコーティング、

ガラス全面撥水加工と

コーティング関係は全制覇しておりました。

 

そのクラウンRSがまたまた入庫。

 

今回は、TRDエアロパーツへのカーボンフィルムラッピングのご依頼でした。

複雑な形状のエアロパーツでしたが、

特に、細かな作業が求められたのが、

リアバンパーとフロントリップスポイラー。

 

3D形状に合わせて貼付けますが、一枚で貼り付けることは不可能なので、

何枚かの分割で施工します。

例えば、リアバンパーパーツですと、4分割ぐらいになります。

そして、作業しやすいように、外せるパーツは外しての作業になります。

案外、小さなパーツより大きなパーツの方が貼りやすくて簡単だったりします。

なので、価格も意外と小さいパーツの方が高かったりもします。

 

貼り方に100%の正解がないのが、ラッピングフィルム。

なので試行錯誤を繰り返しながら完成を目指します。

 

こうして完成したのがこちら。

 

 

その他のパーツも、

 

 

 

 

細部もでしっかりと処理を行います。

 

こうして、約一週間をかけてすべて完成。

 

ご納車の日の山﨑さん

「おお!いいね!」

と、カッコ良くなったクラウンRSを見てご満悦の様子。

 

「でも、本番は5月!」

5月になにがあるのか!さてそれは、また今度のお話。

 

ラッピングフィルムでカラーチェンジやワンポイントメイクを楽しみたい方。

ぜひウエラ名古屋にお問い合わせください。

一覧へ戻る

各種クレジットカードがご利用いただけます。

分割手数料が無料!キャンペーン実施中 詳しくはこちら

ウエラ名古屋はレーシングドライバー山﨑武司を応援しています!