ブログ

メッキモールの白濁・くすみを防止!「メッキモール専用プロテクションフィルム」。

皆さんこんにちは!

プロテクションフィルム[PPF]専門店のウエラ名古屋です。

 

今日は、輸入車にお乗りのオーナー様からご好評いただいている、

「メッキモール専用プロテクションフィルム」をご紹介します。

 

メッキモールの白濁・くすみは、欧州車における長年の問題。でもなぜ?

「新車の時はピカピカに輝いていたのに、半年も経たずにメッキモールが白濁…。」

これは、輸入車にお乗りの数多くのオーナー様からお聞きする声です。

なぜ、こういったことが起きてしまうのか?

 

そこには、輸入車のメッキモールに採用されている素材とこの日本の気候が大きく関係している、

と言われています。

実のところ、輸入車のメッキモールは、素材的に強固で腐食にも強いステンレスではなく、

アルミニウム(化学反応処理)が使われています。

この化学反応処理を施したアルミニウムは、耐候性があるとはいえ水に弱いとされており、

日本のような高温多湿の環境下では、水と金属との化学反応によって劣化しやすいのです。

それゆえに輸入車の多くが、メッキモールのくすみ・白濁という悩みを抱えてしまうのです。

 

メッキモールコーティングという方法もあるけれど…。

こういった白濁やくすみを防ぐための方法として現在も主流なのは、

メッキモールにコーティング剤を塗布してモールの劣化を防ぐという方法です。

 

でも、このメッキモールコーティングにも、問題点があります。

それが「耐久性」です。

 

確かに、コーティング剤メッキモールに塗布することによって、

メッキモールの上に薄い膜ができることになりますから、

それが水と金属との化学反応を防ぎ、劣化から守ってくれることは事実です。

それは間違いありません。

 

しかし、今のところ流通しているコーティング剤はどうしても定着性や耐候性が弱いので、

すぐにコーティング剤が剥離してしまったり劣化してしまったりするわけです。

 

もちろん、当店では今も新しく登場するメッキモール専用コーティング剤をテストしており、

納得のいくものとしての結果が出れば、すぐにサービスとして提供したいと思っていますが、

今のところ当店の職人たちを満足させるものはまだまだ登場していません。

 

そこでおススメしたいのが「メッキモールプロテクションフィルム」。

そこで、当店が現在自信を持ってご紹介したいのが「メッキモール専用プロテクションフィルム」

厚さ150ミクロン、かつフィルム表面にフッ素を含浸させたハードコート層で組成された、

メッキモールプロテクションが、これまでにない優れた防汚効果を発揮し、

メッキモールを⻑期にわたり白濁から保護します。

 

メーカーが公表している対候性試験では、白濁・雨染みを5年間防ぐとの結果が出ています。

 

フィルムが紫外線や風雨、飛び石などの外的要因から物理的にメッキモールを保護し、

長期間にわたってメッキモールの美観性維持を期待できます。

 

メッキモールプロテクションフィルム  施工事例

【メルセデスベンツ Cクラスセダン】

 

【メルセデスベンツ CLA180シューティングブレーク

 

【メルセデスベンツ AMG CLA45Sセダン】

 

【メルセデスベンツ GLA220d】

 

最後に…。

こちらのメッキモールプロテクションフィルムは、車種別のカッティングデータがあるため、

お車それぞれのメッキモールにぴったりと適合し、施工後の違和感はありません。

少し離れて見ると、貼ってあるかどうかも分からないレベルに仕上がります。

今メッキモールの白濁に悩んでおられる輸入車オーナー様。

これから新車の欧州車を購入しようとしておられるオーナー様。

 

車全体の印象に華やかさと上品さを添えてくれる「メッキモール」を、

プロテクションフィルムでいつまでも美しく輝かせ続けましょう!

 

ウエラ名古屋が、そのお手伝いをさせていただきます!

 

————————-

ペイントプロテクションフィルム(PPF)については、下記URLからご覧ください。

http://wellafilm.com/info/ppf/

————————-

失敗しないプロ施工店の選び方については、下記URLからご覧ください。

http://wellafilm.com/choose.html

一覧へ戻る



  • LINE@ 友達追加

各種クレジットカードがご利用いただけます。

分割手数料が無料!キャンペーン実施中 詳しくはこちら

ウエラ名古屋はレーシングドライバー山﨑武司を応援しています!