ブログ

【専門店が教える】プロテクションフィルム用コーティング「Diamond9H」。

プロテクションフィルムを施工されたオーナー様にとって、

プロテクションフィルムの寿命や経年劣化の具合は、気になるところです。

 

主要ブランドのプロテクションフィルムでは、

5年程度の耐久性、そして紫外線(UV)による黄ばみ対策もなされていますが、

あくまでもフィルムですので、良い状態を保つためのアイテムは必要です。

 

そこで、専門店としておススメしたいのが、

プロテクションフィルムの上に、

ナノセラミックコーティング「Diamond9H」を塗布することです。

 

では、このナノセラミックコーティング「Diamond9H」とは、

一体どんなコーティング剤なのでしょうか?

 

また実際に、

プロテクションフィルムの上に「Diamond9H」をコーティングすることで、

どんなメリットが得られるのでしょうか?

 

このコラムでは、それらの点についてご紹介します。

 

プロテクションフィルムに対応したコーティング剤「Diamond9H」とは?

ナノセラミックコーティング「Diamond9H」は、

これまでのコーティング剤と異なり、あらゆる素材との結合ができる、

次世代のハイパフォーマンスコーティングです。

 

この「Diamond9H」に用いられているのは、

RBT(レボリューションボンディングテクノロジー)と言う国際特許申請中の技術です。

 

分子レベルで対象物とナノセラミックコーティング皮膜を結合させる特殊技術で、

これによって、ガラス、アクリル、金属、プラスチック、カッティングフィルムなど、

様々な素材の表面に硬質セラミック被膜が定着します。

 

つまり、「Diamond9H」は、

プロテクションフィルムの上に定着することのできる数少ないコーティング剤なのです。

 

プロテクションフィルムへの「Diamond9H」コーティングで得られるメリット。

では、プロテクションフィルムの上に「Diamond9H」をコーティングすることで、

どんなメリットが得られるのでしょうか?

1.プロテクションフィルムの劣化を遅らせ、寿命の延長を期待できる。

現在、XPEL社などの主要ブランドが販売するプロテクションフィルムには、

紫外線(UV)をカットする層が組み込まれています。

 

これによって、ボディの劣化を防ぐことが出来ますし、

プロテクションフィルム自体の劣化・黄変も防げるようになっています。

 

しかし、あくまでフィルムですから、

経年劣化によってUVカットも本来の性能を発揮できなくなる可能性があります。

 

この点で、セラミックコーティング「Diamond9H」には、

紫外線(UV)をカットする成分が含まれています。

 

それで、プロテクションフィルムの上に「Diamond9H」をコーティングすることで、

セラミック被膜がUVをカットし、プロテクションフィルムの劣化を遅らせることができます。

2.プロテクションフィルムの対候性をサポートし、耐久性を維持できる。

プロテクションフィルムを貼ると、

本来ボディが直接受けていたはずの傷や大気汚染物質、鳥糞などを、

プロテクションフィルムが物理的にガードする形になります。

 

ですから、ボディにとっては大きなメリットがあります。

 

しかし、そもそも「対候性」という観点から見れば、

実は塗装面の方がプロテクションフィルムよりも強い対候性を持っています。

 

ですから、プロテクションフィルムの対候性をサポートしてあげるなら、

それは、耐久性や性能を維持する面でより良い結果となるわけです。

 

この点でも、セラミックコーティング「Diamond9H」は、

耐UV効果に加えて、耐化学物質効果や防錆・防汚効果を兼ね備えています。

 

それで「Diamond9H」を塗布するなら、

汚れなどに対するプロテクションフィルムの対候性をサポートできます。

3.プロテクションフィルムに撥水性を持たせることができる。

XPEL社のプロテクションフィルムをはじめ、

多くのプロテクションフィルムには撥水性能が備わっていません。

 

そのため、コーティングによって、

プロテクションフィルムに撥水力を持たせることは、

相乗効果として多くのメリットがあります。

 

この点で、セラミックコーティング「Diamond9H」は、

強力な撥水性能を兼ね備えたコーティングです。

 

ですから、プロテクションフィルムの上に塗布することにより、

より汚れを付きにくくし、メンテナンスを容易にすることができます。

 

プロテクションフィルムに塗布するコーティングはよく選ぶ必要がある。

ここまでで、プロテクションフィルムの上にコーティングを塗布することで、

得られるメリットについてご説明してきました。

 

上述したように、プロテクションフィルムへのコーティングに関しては、

すべてのコーティング剤がそれに適するものとなる、というわけではありません。

 

撥水性能を持っていたり、紫外線カット要素を兼ね備えているからと言って、

プロテクションフィルムの上に塗っても良いとは限らないのです。

 

たとえ塗ったとしても、定着性が悪くて効果を全く発揮できなかったり、

コーティングに含まれる成分によって逆にフィルムに悪影響を与えてしまう恐れもあります。

 

ですから、プロテクションフィルムに塗布するコーティングは、よく選ぶ必要があります。

 

それで、決して安易に自己判断せず、

まずはプロテクションフィルムを取り扱う専門店に相談しましょう。

 

プロテクションフィルムの専門店なら、

コーティングを含むプロテクションフィルムのメンテナンスに関して、

適切なアドバイスとご施工を行うことができます。

 

まとめ

プロテクションフィルムは、様々な外的要因からボディを保護してくれる、

本当に素晴らしいカーケアアイテムです。

 

とはいえ、あくまでもフィルムですから、寿命も経年劣化もあります。

 

でも、プロテクションフィルム用として適したコーティング剤を塗布するなら、

プロテクションフィルムの性能や耐久性をより長く維持することができます。

 

この点で、ナノセラミックコーティング「Diamond9H」は、

そのプロテクションフィルムに適した数少ないコーティング剤の一つです。

 

それでどうぞ、「Diamond9H」を取り扱う専門店に安心してお車をお預けください。

専門店が、あなたの愛車とプロテクションフィルムを適切にサポートいたします。

 

執筆

執筆者

1972年創業 プロテクションフィルム・カーコーティング専門店

株式会社ウエラ名古屋

カーフィルム名古屋.com(https://wellafilm.com/

ガラスコーティング名古屋.com(https://procarcoat.com/

一覧へ戻る



  • LINE@ 友達追加

各種クレジットカードがご利用いただけます。

分割手数料が無料!キャンペーン実施中 詳しくはこちら

ウエラ名古屋はレーシングドライバー山﨑武司を応援しています!