ブログ

レクサス UX ルーフ全体にカーボン調PPF「DYNOblackカーボングロス」でイメチェン!

皆さんこんにちは!

プロテクションフィルム専門店のウエラ名古屋です。

 

今回は、先日ご入庫いただきました「レクサス  UX」の施工をご紹介します。

 

今回、オーナー様よりオーダーいただいたのは、

ルーフ面へのプロテクションフィルム(PPF)施工。

特に、今回は通常の透明プロテクションフィルムではなく、

STEK社のカーボン調PPF「DYNOblackカーボングロス」での施工でした。

これまでカーボン調フィルムと言えば、ラッピングフィルムが主流でした。

しかしこの「DYNOblackカーボングロス」は、そのリアルさ・質感という点で、

またボディを保護できるプロテクション機能も兼ね備えているという点で、

画期的なアイテムです。

本来、ルーフ面へPPFやラッピングフィルムを施工する場合は、

ルーフレールを外すことが通例になります。

 

しかしこちらのUXは、ボディの内側にボルトネジがあり、

天井の内張を外すなどの作業が必要となる車種でした。

 

そこで、この度はルーフレールを外さずにキレイな仕上がりとなる方法を取りました。

まずは下地のような扱いとして、グロスブラックの3Mラッピングフィルムを、

ルーフ全体に貼付けます。

これによって、ルーフレールとボディの接続部や巻き込みの部分などで、

ボディのホワイトカラーが見えないようにしていきます。

「それならルーフレール近辺だけ部分的に貼れば良いのでは」と思われるかもしれませんが、

そうするとラッピングフィルムの分だけ段差ができてしまい、

上から施工する「DYNOblackカーボングロス」の見栄えが悪くなりますので、

ルーフ1面全体にラッピングフィルムを貼付けます。

そして、カーボン調PPF「DYNOblackカーボングロス」の貼付け作業です。

こちらのカーボン調PPF「DYNOblackカーボングロス」には、撥水性能も付帯されています。

気持ちよく水玉が粒となって流れ落ちていきますよ。

これも、「DYNOblackカーボングロス」が持つ特長の一つです。

ルーフへのカーボン調PPF「DYNOblackカーボングロス」施工、

完成後がこちらです↓↓

ドルフィンアンテナも偏り・隙間なく、くり抜き施工での仕上がりです。

下地にグロスブラックのラッピングフィルムを貼っているので、

境目の部分なども違和感が全くない形に仕上がっていますね。

他とは一味も二味も違う、「レクサスUX」になりました!

カッコよくイメージチェンジ完了です。

 

レクサス UX オーナー様、

この度は当店にてプロテクションフィルム施工をご依頼くださり、

誠にありがとうございました。

 

————————-

ペイントプロテクションフィルム(PPF)については、下記URLからご覧ください。

https://wellafilm.com/info/ppf/

————————-

ラッピングフィルムについては、下記URLからご覧ください。

https://wellafilm.com/wrapping.html

————————-

失敗しないプロ施工店の選び方については、下記URLからご覧ください。

https://wellafilm.com/choose.html

一覧へ戻る



  • LINE@ 友達追加

各種クレジットカードがご利用いただけます。

分割手数料が無料!キャンペーン実施中 詳しくはこちら

ウエラ名古屋はレーシングドライバー山﨑武司を応援しています!