ブログ

【専門店が教える】デジタルインナーミラー搭載車へのスモークフィルム施工について。

皆さんこんにちは!

カーフィルム専門店のウエラ名古屋です。

 

今回は、最近少しずつ増えてきた「デジタルインナーミラー」搭載車への、

スモークフィルム施工について少し触れたいと思います。

 

クリアで広範囲の視界を映し出す「デジタルインナーミラー」。

リアガラス付近に備わった車載カメラから撮影した映像を、

液晶ディスプレイを内蔵したルームミラーに映すことによって後方確認することができる、

「デジタルインナーミラー」。

 

この「デジタルインナーミラー」が持つメリットと言えば、

やはり、”クリアで広範囲の映像”でしょう。

 

一般的なルームミラーの場合、そこから見える範囲というのは、

後部座席に乗る人や荷物などによって狭まってしまうというデメリットがありました。

 

しかし「デジタルインナーミラー」であれば、

リアガラス付近に搭載されたカメラからの映像となるため、

視界を邪魔する障壁となるものが存在しません。

 

つまり、クリアな後方の視界を確保することができるという点で、

大きなメリットがあるのです。

 

デジタルインナーミラー搭載車に、スモークフィルムは貼れるの?

では本題として、デジタルインナーミラーが搭載されたお車には、

スモークフィルムを貼ることが出来るのでしょうか?

 

結論から言うと、問題なく施工することができます。

 

そして、実際のスモークフィルムの施工では、

デジタルインナーミラーの部分の「くり抜き あり・なし」をお選びいただくことができます。

 

ただし、「くり抜き なし」施工では注意すべきことも…。

とはいえ、「くり抜き なし」の場合では、注意すべきこともあります。

それは、”夜間における視認性の低下”です。

 

昼間の走行であれば、基本的にスモークフィルム越しの映像であっても、

その視認性に大幅な低下を感じることはありません。

 

後続車のナンバーも確認することができます。

 

しかし、昼間でも地下駐車場などの屋内、また夜の時間帯では、

スモークフィルムの影響によって視認性が明らかに低下します。

 

特に夜間の走行では、後続車のヘッドライトは確認できても、

ナンバーは全く確認できないレベルになると考えておいた方が無難です。

 

ですから、いつでもバックミラーとしての役割をしっかりと果たし、

尚且つそれ相応のクリアな視界を求めるのであれば、

「くり抜き なし」は止めた方が良いでしょう。

 

専門店としておススメなのは、「くり抜き あり」での施工。

カーフィルム専門店としておススメしているのは、

デジタルインナーミラーの部分の「くり抜き あり」での施工です。

 

当店では、車種別に設計されたプレカットデータでのフィルムカットを行っています。

それで、デジタルインナーミラーの形状に合わせたキレイなくり抜きをご提供できます。

 

下の写真は、トヨタ  ハリアーでの施工事例です。

デジタルインナーミラー部の形状に合わせてプレカットされています。

 

もしかすると、

「もう少しくり抜きサイズが小さくならないか?」と感じられた方もいるかもしれません。

 

実は、近年のカメラは画角がかなり広角なため、

くり抜きをぎりぎりまで小さくすると、逆に映像の中にフィルムが映ってしまうことがあります。

 

それで、そのあたりを考慮した上でのくり抜き形状になっています。

くり抜き施工後の外から見たイメージに関しても、特別違和感を感じることはありません。

もちろん見る角度や位置によっては、くり抜いてあることが分かる形になりますが、

それでも最小限の範囲ですので、十分にご満足いただけるかと思います。

 

デジタルインナーミラーを搭載されたお車にお乗りのオーナー様も、

安心してカーフィルムの専門店におまかせください。

 

執筆

執筆者

1972年創業 プロテクションフィルム・カーフィルム専門店

株式会社ウエラ名古屋

カーフィルム名古屋.com(https://wellafilm.com/

一覧へ戻る



  • LINE@ 友達追加

各種クレジットカードがご利用いただけます。

分割手数料が無料!キャンペーン実施中 詳しくはこちら

ウエラ名古屋はレーシングドライバー山﨑武司を応援しています!