ブログ

【でらスゲェ 第7弾 後編】「プロテクションフィルムでマット化。BMW M4 大公開!!」本日公開。

皆さんこんにちは!

プロテクションフィルム専門店のウエラ名古屋です。

 

今日は皆さんにお知らせです!!

 

【でらスゲエ 第7弾】

「山﨑武司をやっつけろ!中小企業社長の反乱 BMW M4 後編」が、本日公開です!

弊社森下が山﨑武司さんに、

突如BMWディーラーに連れて行かれる所からスタートした、今回の第7弾。

 

【前編】では、そのBMWディーラーで、森下が新型のM4に一目惚れして購入したこと、

また【中編】では、その新型M4を「山崎武司」仕様にカスタマイズすることになり、

森下自らプロテクションフィルムの施工に励む件をご覧いただきました。

 

そしてついに、その「BMW M4」が完成の時です!

 

さて、森下が購入した新型「M4」は、どのような変貌を遂げたのか??

そして、お披露目でそのM4を見た山崎武司さんの反応はいかに!?

 

注目の【後編】を、どうぞお楽しみください!

 

本日17時00分にYouTubeにてプレミア公開です!

 

さて、このブログでは、

今回の「BMW  M4」へのプロテクションフィルム施工風景もご紹介したいと思います。

今回、BMW  M4に施工したプロテクションフィルムは、

XPELの「ステルス(stealth)」です。

「ステルス」は、マット塗装のお車向けに、マットの質感や風合いを損なうことなく、

ボディの保護ができるということで開発されたプロテクションフィルム。

その「ステルス」を応用したカスタマイズが、グロス塗装のマット化です。

下の写真にあるように、グロス塗装を艶消しへとガラリと変化させることができます。

純正設定でマットカラーがない車種でも、

このプロテクションフィルムを施工すれば、マットを手に入れられるというわけです。

また、マット塗装の場合は、お手入れが大変・難しいという性質を持っていますが、

「ステルス」によるマット化なら、余計な気を遣うことなくメンテナンスができます。

そのため、今知名度・人気度ともに急上昇しているというわけです。

車種別に設計されたプレカットデータによる施工ですので、

細かな部分まできれいに貼り込むことができます。

今回は、カーボンルーフも「ステルス」でマット化してみました。

グロス感が抑えられ、シックな雰囲気を醸し出しています。

また、サイドスカートとフロントサイドのエアロパーツには、

マットタイプのカーボンプロテクションフィルムを施工しました。

マットボディとの調和を崩さずに、

足回りを、よりスポーティにカッコよくカスタマイズできます。

そして最後に、オーロラフィルムを窓ガラス全体に施工します。

今回貼ったのは、ブレインテック社のゴーストフィルム、

「シャインゴースト(SHINE  GHOST)」。

 

青みに強く発色するフィルムで、今回のドレスアップに最高の華を添えて完成です!

 

では!!

このようにして各種施工を施した「BMW  M4」は、どのように大変貌を遂げたのか??

 

その答えは、本日17時公開の動画、

「山﨑武司をやっつけろ!中小企業社長の反乱 BMW M4 後編」をお楽しみください!!

 

プロテクションフィルム専門店のウエラ名古屋でした!!

 

————————-

ペイントプロテクションフィルム(PPF)については、下記URLからご覧ください。

https://wellafilm.com/info/ppf/

————————-

オーロラフィルムについては、下記URLからご覧ください。

https://wellafilm.com/info/uvwf/

————————-

失敗しないプロ施工店の選び方については、下記URLからご覧ください。

https://wellafilm.com/choose.html

一覧へ戻る



  • LINE@ 友達追加

各種クレジットカードがご利用いただけます。

分割手数料が無料!キャンペーン実施中 詳しくはこちら

ウエラ名古屋はレーシングドライバー山﨑武司を応援しています!