ブログ

プロテクションフィルム施工、「BMW M2コンペティション」のフロントをPPFでフルカバー!

皆さんこんにちは!

プロテクションフィルム専門店のウエラ名古屋です。

 

今日は、プロテクションフィルムの「フロントフルセット」でご入庫いただいた、

「BMW  M2 コンペティション(M2 Competiton)」をご紹介します。

 

今回のオーダーは、プロテクションフィルムのフロントフルセット施工

今回は、「フロントフルセット」をオーダーいただきました。

 

フロントフルセットとは、ボンネットやフロントバンパーなど、

1番飛び石の被害を受けやすいフロント周りを保護する形の施工内容です。

M2 コンペティションのフロントデザインは、かなり複雑です。

例えば、カーボンパーツなどが組み合わさった奇抜なフロントバンパーや、

3D形状のフェンダー部など、施工難易度としてはあまり優しくはないお車になります。

そんな「M2 コンペティション」に、

今回も厚さ150ミクロンの透明プロテクションフィルム、

XPEL「アルティメットプラス」を施工していきます。

 

プロテクションフィルム フロントフルセット施工風景

今回のお車のような彩色車の場合、

高い透明度を持つプロテクションフィルムでなければ、

施工後に施工部分と未施工部分との差が生じてしまいます。

市販でもプロテクションフィルムは販売されていたりしますが、

耐久性や変色しやすさなどの面であまり品質の良くない商品もあります。

 

その点、XPEL「アルティメットプラス」は、

50か国以上の国々で採用されている世界的ブランドアイテムです。

高い透明度により、貼っているかどうか分からないレベルでの仕上がりを実現できます。

【施工後の写真↓↓】

 

プロテクションフィルムは、細部まで、奥まで、端までしっかりと貼り込まれる。

当店でのプロテクションフィルム施工は、

基本的に車種別に設計されたプレカットデータを用いての形になります。

 

これにより、しっかりと細部まで、奥まで、端まで、

プロテクションフィルムを貼り込むことができます。

 

そういった施工後の細部の様子も写真に収めましたので、ご覧ください。

透明フィルムなので、少し見にくいかもしれませんが…。

 

【ヘッドライト周りの奥まった部分】

【ナンバープレートとの境目の部分】

【フェンダートリム部分】

【タイヤ周りのバンパーとフェンダーの接続部分】

【バンパー下部のカーボン部分】

【バンパー下部の複雑なボディ形状部分】

プロテクションフィルムは、もともとボディの保護を第1の目的としたものであり、

美観性を重視したアイテムではありません。

しかしながら、高い仕上がりとなるよう、こだわりを持って施工しております。

 

あなたの大切な愛車も、ぜひ当店(ウエラ名古屋)でしっかりと保護してみませんか!?

 

————————-

ペイントプロテクションフィルム(PPF)については、下記URLからご覧ください。

http://wellafilm.com/info/ppf/

————————-

ボディコーティングについては、下記URLからご覧ください。

ガラスコーティング名古屋.com

————————-

失敗しないプロ施工店の選び方については、下記URLからご覧ください。

http://wellafilm.com/choose.html

一覧へ戻る



  • LINE@ 友達追加

各種クレジットカードがご利用いただけます。

分割手数料が無料!キャンペーン実施中 詳しくはこちら

ウエラ名古屋はレーシングドライバー山﨑武司を応援しています!