取締役 森下生真
1974年生まれ
愛知県出身
職人歴 25年
趣味 ゴルフ
妻・子供1人
株式会社 ウエラ名古屋
取締役 森下生真

初めまして。ウエラ名古屋の森下です。この度は私どものウェブサイトをご覧いただき、誠にありがとうございます。


私たちがフィルム施工を手がけるようになってから早25年が経とうとしています。これまで施工させていただいた台数は、もはや数えることが出来ないほどになりました。一日一台貼るのに必死だった初期のころと比べると、今ではリヤガラスの一枚貼りは当たり前、フロントガラスへの一枚貼りも当たり前になりました。これらは私たちが大切にしてきた、この仕事へのプライドと、常に上を目指す向上心の賜物と考えています。私たちのモチベーションの原点はお客さまに「ウエラでフィルムを貼って本当に良かった」と言っていただけることです。これからもその気持ちを忘れることなく、一台一台自分の車と考えてフィルムを施工してゆく所存です。


さて、現在取り扱っているフィルムの特徴を簡単にご説明いたします。


私たちが施工しているニュープロテクションフィルムですが、三次曲面への施工のために三次曲面対応特殊ポリエステルを使用しています。これにより不可能といわれていたフロントガラスへの一枚施工までもが可能になりました。また、市販されているフィルムとの大きな違いは室内から見たときの視界の良さでしょう。市販フィルムは一番濃いスーパーブラックを貼ると外からも見えませんが、内からも見えなくなるというのが普通です。でも、それでは安全な運転に支障が出てしまいます。

ニュープロテクションフィルムはお客さまの十分な視界を確保しながら、プライバシーをしっかり守ることを前提に作られています。もちろん色の薄いフィルムと濃いフィルムとでは、同じだけの視界を確保できるわけではありません。ご希望の方には実際にサンプルをお客さまのお車に貼ってみてどのようなイメージになるか、視界はどうか、そうした点を確認していただいてから施工いたします。ご安心下さい。


また、熱をカットするIRカットフィルムも皆様に自信を持ってお勧めしている商品の一つです。暑い夏の時期でなくても、肌に突き刺すような日差しに悩まされます。そこでお勧めしているのが赤外線をカットするインフレットシリーズです。このフィルムは暑さの元になる赤外線を80%も遮断する優れものです。透明タイプもございますので運転席、助手席への施工も可能です。またエアコンの効きが冷暖房共に良くなりますので、燃費も良くなり、近年政府も注目している地球温暖化対策としても役立ちます。


私たちはこれからも技術を向上させ、より誠実で安心してお任せいただけるショップを目指していきたいと思っております。ぜひとも引き続きウエラをごひいき賜りますようお願い申し上げます。